コストがかからない

スマホを見る2人の女性

動画にかかるコストが変化している

昔は動画制作をするには多くのコストが必要だったものです。そのため資金を多く持っている企業でないと動画制作は出来ないものだったのです。動画を撮影するための機材などを購入することは個人ではできないものだったのです。ですが、今は撮影機材を個人が購入することも出来るものになっていて、動画制作は個人でも出来るものになっているのです。今ではなんと無料でも動画制作が出来るぐらいになっていて、撮影機材もカメラを購入してこなくても、携帯に付属でついているカメラで十分に動画制作を出来るレベルの動画が撮影できるのです。あとは撮影をした動画に編集をしてコメントをつけたり、音声で説明を加えたりして、投稿サイトに投稿するだけです。

動画についてのこれまでの歴史

動画を作れるようになったのは本当に最近のことです。それまでは映画の撮影フィルムを作るといったことがほんの一部の企業や個人によって行われていただけです。映画を撮影するといったことは本当に大変なことで、一本の映像をつくるだけでも多くの時間を必要としたものだったのです。色も今のようにフルカラーではなくて白黒で撮影するといったものだったのです。それが今ではフルカラーで目で見たものよりも綺麗に撮影をするといったことも可能になっていて、撮影をする機材も個人で購入できるレベルになったことで、個人でも動画制作をすることが可能になってきたのです。今では個人で動画制作をビジネスにするといった人も登場しているといった状況です。

このエントリーをはてなブックマークに追加